アイキャッチ画像『皇后の品格』

韓国のテレビドラマ『皇后の品格』は、2018年11月21日〜2019年2月21日まで韓国SBSで放送された作品。

ドラマ全話の配信情報やフル動画の視聴方法、テレビ放送時の平均視聴率/最高視聴率/最低視聴率などを紹介します。

\今すぐ視るなら/
TSUTAYA TV
【公式サイト】

結論:韓流ドラマ【皇后の品格】はVODで全話を無料視聴しきれない

韓流ドラマ『皇后の品格』の視聴方法は?
「TSUTAYA TV」などで配信されているもののレンタル配信なので、無料トライアルを利用しても全話を無料視聴しきることはできません。
「LaLa TV」でテレビ放送予定なので、視聴できる環境があるなら「LaLaTV」がおすすめ。

(2020年10月18日時点)

ドラマ『皇后の品格』は「TSUTAYA TV」などで配信されていますが、見放題配信ではなく、レンタル配信です。

無料トライアルを利用しても全話を無料視聴しきることはできません。

詳細は後述しますが、「LaLa TV」で放送予定です。

\30日間の無料期間あり/
TSUTAYA TV
【公式サイト】

【皇后の品格】配信情報の一覧表

配信情報の表記について
  • 無料 ⇒ 登録しなくても無料視聴できる
  • 見放題 ⇒ 見放題配信(無料トライアルなら無料視聴できる)
  • レンタル ⇒ レンタル配信(無料トライアルでも視聴するなら動画ごとに課金が必要)
  • × ⇒ 配信されていない

▼【皇后の品格】配信情報の一覧
動画配信サービス 第1話
2話~
最終話
日本語
字幕/吹替
無料
トライアル
月額料金
(税込)
公式サイト 備考
動画配信サービス 第1話
2話~
最終話
日本語
字幕/吹替
無料
トライアル
月額料金
(税込)
公式サイト 備考
U-NEXT 見放題 40話まで
レンタル
字幕
31日間 2,189円 U-NEXT 無料トライアルでも600円分のポイント付与
FODプレミアム 無料 40話まで
レンタル
字幕 2週間 976円 FOD
プレミアム
無料トライアルでも最大900円分のポイント付与
dTV 無料 40話まで
レンタル
字幕 31日間 550円 dTV
Hulu × × 2週間 1,026円 Hulu
Amazonプライムビデオ × × 30日間 500円 Amazon
プライムビデオ
年間プランは4,900円(1ヶ月当たり約408円)
TSUTAYA TV レンタル レンタル 字幕 30日間 1,027円
TSUTAYA TV
無料トライアルでも1,100円分のポイント付与
Paravi × × 2週間 1,017円 Paravi
ABEMA × × 14日間 960円 ABEMA
プレミアム
ABEMA:旧AbemaTV
Netflix × × なし 880円~ Netflix 無料トライアル利用不可

上記表は2020年10月18日時点の情報です。最新の配信状況は各動画配信サービスの公式サイトでご確認ください。

\GYAO!(ギャオ)で検索/
GYAO!

『皇后の品格』は複数の動画配信サービスで配信されていますが、レンタル配信なので1話ごとにレンタル料金の課金が必要となります。

「TSUTAYA TV」では先行配信されているので10月18日時点で、すでに全52話が配信されているものの、レンタル配信である点は他のサービスと同じです。

そのため、無料トライアルを利用しても『皇后の品格』全話を無料視聴しきることはできません。

\30日間の無料期間あり/
TSUTAYA TV
【公式サイト】

【皇后の品格】放送予定は?地上波・BS・CSなど

チャンネル LaLa TV
放送期間 2020年10月19日(月)~11月23日(月)
放送時間 月~金曜日の18:45~20:00
放送話数 全26話
オリジナル版 全52話

上記表は2020年10月18日時点の情報です。

『皇后の品格』は「LaLa TV」にて全26話でテレビ放送予定です。

(韓国オリジナル版は全52話で放送されましたが、これは1夜2話連続放送だったので全26話という見方もできます。)

 

「LaLa TV」を視聴できる環境であるなら、動画配信サービスよりも「LaLa TV」での視聴をおすすめします。

PandoraやDailymotionの動画視聴は危険

Pandora(パンドラ)・Dailymotion(デイリーモーション)などのサイトに動画がアップされていることがあります。

これらサイトで違法にアップロードされている動画を視聴する場合、次のようなリスク・デメリットがあるため注意が必要です。

違法動画を視聴するリスク・デメリット
  • ウィルス感染の危険性あり
  • 動画を探すのに時間がかかる
  • 画質が悪い
  • 広告が多くてわずらわしい など

Pandoraなどの動画を視聴しようとしたら

削除されていて、探すのに時間がかかった。」

「結局見つけられなかった。」

という経験がある人も少なくないはず。

 

動画があったとしても「画質が悪い」「フル動画じゃない」などという場合は、快適に視聴できません。

 

一番心配なのは、スマートフォンやパソコンなどのウィルス感染です。

安全かつ快適に楽しめる動画配信サービスやテレビ放送の視聴をおすすめします。

\30日間の無料期間あり/
TSUTAYA TV
【公式サイト】

【皇后の品格】作品情報

以下、作品関連サイトや視聴率、出演者など作品情報を紹介。

基本情報

作品情報
原題 황후의 품격
原題訳 皇后の品格
邦題 皇后の品格
英題 The Last Empress
An Empress’ Dignity
放送局(韓国) SBS
放送期間(韓国) 2018年11月21日〜2019年2月21日
放送時間(韓国) 水・木曜日の夜10時00分~11時10分(70分)
全話数(韓国) 全52話
公式サイト
韓国/日本
韓国語:公式サイト(SBS)
日本語:公式サイト(CULTURE PUBLISHERS)
Wikipedia 日本語:Wikipedia/ウィキペディア

全話数・1話ごとの尺(動画の長さ)は、韓国で放送されたものと、日本のテレビ放送・インターネット配信されたもので異なる場合があります。

韓国の平均視聴率/最高視聴率/最低視聴率

韓国テレビ放送時の第1話から最終回まで各話の視聴率一覧です。

表で視聴率の推移を確認できます。

下記2社の視聴率を記載。

  • TNmS:TNmSメディアコリア
  • AGB:AGBニールセンメディアリサーチ
赤文字:最高視聴率 青文字:最低視聴率
エピソード 放送日 TNmS視聴率 AGB視聴率
大韓民国
(全国)
大韓民国
(全国)
ソウル
(首都圏)
2018年
第1話 11月21日 7.4% 7.2% 7.7%
第2話 8.1% 7.6% 8.6%
第3話 11月22日 8.0% 7.6% 8.6%
第4話 8.5% 8.5% 9.3%
第5話 11月28日 5.9% 5.7% 5.8%
第6話 7.0% 7.9% 8.4%
第7話 11月29日 7.2% 7.6% 8.0%
第8話 8.2% 9.3% 9.9%
第9話 12月5日 6.8% 6.1% 6.8%
第10話 9.2% 9.3% 10.1%
第11話 12月6日 8.3% 7.9% 8.3%
第12話 10.1% 10.5% 11.5%
第13話 12月12日 6.8% 8.2% 8.6%
第14話 9.1% 11.5% 12.3%
第15話 12月13日 9.6% 11.0% 12.4%
第16話 12.3% 14.0% 15.4%
第17話 12月19日 8.5% 10.0% 10.8%
第18話 11.9% 13.3% 14.5%
第19話 12月20日 10.9% 11.4% 12.0%
第20話 13.3% 14.6% 15.5%
第21話 12月26日 11.0% 12.6% 13.7%
第22話 13.1% 16.1% 17.3%
第23話 12月27日 13.7% 15.1% 16.2%
第24話 15.8% 17.9% 18.9%
2019年
第25話 1月2日 11.0% 12.5% 12.4%
第26話 14.5% 15.8% 16.3%
第27話 1月3日 13.7% 14.0% 14.7%
第28話 15.1% 16.0% 16.9%
第29話 1月9日 10.7% 11.8% 12.7%
第30話 13.9% 14.9% 15.9%
第31話 1月10日 11.7% 12.5% 13.5%
第32話 13.7% 15.3% 16.7%
第33話 1月17日 11.1% 12.2% 12.9%
第34話 13.5% 15.2% 16.1%
第35話 1月23日 10.5% 11.0% 11.6%
第36話 12.3% 14.0% 15.2%
第37話 1月24日 9.7% 10.9% 11.0%
第38話 12.0% 13.9% 14.3%
第39話 1月30日 12.3% 12.9% 13.5%
第40話 14.7% 15.0% 15.3%
第41話 1月31日 13.0% 14.9% 15.5%
第42話 14.8% 16.7% 17.1%
第43話 2月7日 11.1% 12.2% 12.7%
第44話 13.1% 14.5% 15.2%
第45話 2月13日 11.1% 11.0% 11.1%
第46話 13.5% 13.9% 14.1%
第47話 2月14日 11.9% 12.4% 12.4%
第48話 14.0% 14.6% 14.7%
第49話 2月20日 11.0% 11.7% 11.7%
第50話 13.1% 13.8% 14.2%
第51話 2月21日 13.2% 14.1% 13.9%
第52話 15.7% 16.5% 16.8%
平均視聴率 11.3% 12.2% 12.9%

スタッフ・キャスト(出演者)

演出・脚本・出演者のまとめ。

演出・脚本

  • 演出:チュ・ドンミン「リターン-真相-」「私の10年の秘密」
  • 脚本:キム・スノク「復讐のカルテット」「私はチャン・ボリ!」

キャスト/出演者

登場人物とその演者。

  • オ・サニー役:チャン・ナラ
  • ナ・ワンシク(チョン・ウビン)役:チェ・ジニョク
  • イ・ヒョク役:シン・ソンロク
  • ミン・ユラ役:イエリヤ
  • 太后カン氏役:シン・ウンギョン
  • イ・ユン役:オ・スンユン
  • 太皇太后チョ氏役:パク・ウォンスク
  • ソジン公主役:イ・ヒジン
  • ソ・ガンヒ役:ユン・ソイ
  • アリ役:オ・アリン
  • オ・グムモ役:ユン・ダフン
  • オ・ヘロ役:ステファニー・リー
  • マ部長(マ・ピルジュ)役:ユン・ジュマン
  • ペク・ドヒ役:ファン・ヨンヒ
  • ナ・ドンシク役:オ・ハンギョル
  • ピョン・ベクホ役:キム・ミョンス
  • チェ室長(チェ・ユンミ)役:イ・スリョン
  • ホン室長(ホン・ソメ)役:キム・ミノク
  • チュ・ギジョン役:ハ・ドグォン
  • ハン・チーム長役:イ・ブヨン
  • キム・ヒョンジュ役:キム・ユンジ
  • シミン役:パク・ギュリ
  • キム弁護士役:ファン・インジュン
  • ク・ピルモ役:ソン・チャンミン
  • ハ・チョンダン役:チェ・ジャヘ
  • カン・ジュスン役:ユゴン
  • ヤン・ダリ役:ダソム
  • ヨンウン役:ナヤ
  • ピョ部長役:ユン・ヨンヒョン
  • アン刑事役:アン・ネサン
  • ダウォン役:キム・ダウォン
  • ウン皇后(ミシェル・ウン)役:チョン・スギョン
  • サ・グンジャ(キム・チーム長)役:キム・スミ
  • ナ・ワンシク役:テ・ハンホ
  • シン・ウンス役:イ・ジハ
  • ソヒョン皇后(ビョン・ヒョンジン)役:シン・ゴウン

登場人物の相関図(関係図)

韓国ドラマ『皇后の品格』登場人物相関図(関係図)

作品の見どころ

架空の韓国王室を舞台に、優美な王室の裏で渦巻く権力争いや陰謀がスリリングに描かれる。

目的のためなら手段を選ばない女たちの謀略と悪女に徹した女優陣の熱演に注目。

作品のあらすじ

国民からの人気も高い大韓帝国の皇帝、イ・ヒョクは、実権を太后・カンに握られ、不満を抱いていた。

ある日、秘書との密会中に事故を起こしたヒョクは、ミュージカル女優のサニーの芝居を観ていたとごまかそうとするが、ヒョクとサニーの熱愛説が浮上し…。

各エピソード(全52話)のあらすじ

第1話~最終話までのあらすじ。

第1話「王宮でテロ発生!」あらすじ

大韓帝国の皇帝イ・ヒョクはカリスマ性あふれる国民の人気者。売れないミュージカル女優オ・サニーはヒョクの大ファン。ある日、王宮で「皇帝との昼食会」が開かれサニーも参加するが、会の途中でヒョクが参加者に襲われる。

 

第2話「操り人形」あらすじ

テロ犯が暗殺されたと聞き激怒するヒョクに対し、皇帝の秘書室長ミン・ユラは暗殺は太后の仕業で、太后はヒョクの部屋を盗撮していると伝える。太后に操られながら何もできない自分に憤るヒョクはこっそり王宮を抜け出す。

 

第3話「アリバイ工作」あらすじ

人をひいて気が動転したヒョクはユラに言われるがまま死体を道に捨ててピチ島を脱出。そこへ王室から電話が入り、ひき逃げ事件の件で警察から電話があったと言われ、焦ったユラはアリバイを作るためある作戦を実行する。

 

第4話「公開デート」あらすじ

ナ・ワンシクがヒョクの車のエンブレムを持っていると聞いたヒョクはピルジュに彼を始末するよう指示。一方、皇帝とのラブショット写真で一気に有名人になったサニーは実家のチキン店も大繁盛。そこへ突然ヒョクが現れる。

 

第5話「消えたワンシク」あらすじ

いきなりサニーを恋人と紹介され戸惑うヒョクは、太后がサニーの実家にお金を渡したと聞き、ますます嫌気が差す。その頃、瀕死の状態で海岸に倒れていたワンシクをある男が発見。そこへピルジュがワンシクを捜しに来る。

 

第6話「逆転のプロポーズ」あらすじ

ピチ島での出来事を知った太后は、ユラを刑務所に送りたくなければサニーと結婚しろとヒョクを脅す。一方、ピョン・ベクホに助けられヒョクへの復讐心を燃やしていたワンシクは、テレビで王室警護員募集の告知を見つける。

 

第7話「王室入り」あらすじ

チョン・ウビンの名で王室警護員に応募したワンシクはヒョクのお眼鏡にかない皇帝と皇后の警護員に取り立てられる。王室では太后がユラを追い出しヒョクとサニーの結婚準備を進めるが、ヒョクは結納にも姿を見せなかった。

 

第8話「命を狙われる皇后」あらすじ

結婚式当日、サニーが乗ったゴンドラが突然故障してサニーが宙づりになり、王室の人間は誰1人助けようとしない中、ウビンが間一髪で救出。事故が何者かの陰謀だと知った太皇太后はユラにサニーをしっかり守るよう指示する。

 

第9話「ワンシクの影」あらすじ

1人寂しく新婚生活を送るサニーは王室が決めた“初夜”の日を迎えるが、この日も皇帝は行けないと連絡を寄こす。これを聞いたウビンは皇帝殿に忍び込み寝ているヒョクに銃を向けるが、その時、布団の中にユラを見つける。

 

第10話「ゴンドラ事故の真犯人」あらすじ

ゴンドラ事故の犯人をユラに仕立てようとする太后に対し、ユラは太后が嘘の証言をさせた証拠を突きつける。さらに事故の真犯人は太后ではないかと追い詰め、これを伏せる代わりにショッピングモールの運営権を要求する。

 

第11話「遠ざかる陛下」あらすじ

ソヒョン皇后を祀った部屋を飛び出したヒョクはウビンとバイクを乗り回し、これを知った太后は皇帝を危険にさらした罪でウビンを牢に入れる。太皇太后はヒョクとユラを別れさせようとするがかなわず、サニーを思い胸を痛める。

 

第12話「暗殺予告」あらすじ

ワンシクを捜し続けるピルジュはついにウビンがワンシクだと気づき、ウビンにユラが母親の死に一役買ったことを暴露する。2人は乱闘の末、ピルジュが死亡。ウビンはワンシクとしてユラに電話し、今夜ヒョクを殺すと予告する。

 

第13話「陛下の気持ち」あらすじ

ヒョクとユラの関係にショックを受けたサニーは、夫の不倫を苦に自殺しようとする女性を見つけ涙ながらに説得。翌朝、そのことが新聞に載り、太皇太后たちはサニーがヒョクとユラの関係を知ったのではないかと感じる。

 

第14話「皇后の采配」あらすじ

弟のイ・ユンから電話を受けたヒョクは太后がユンを捜していると知り、皇帝の地位を追われるのではないかと不安に駆られる。一方、ユラをヒョクから引き離そうと考えるサニーは太皇太后から人事権を譲り受けユラを解任する。

 

第15話「不倫ニュース」あらすじ

不倫のぬれぎぬを着せられたサニーはウビンに崖から突き落とされるが、ピョン・ベクホに助けられ九死に一生を得る。皇后不倫のニュースはたちまち広まり、ヒョクは記者会見を開いて妻の不倫に胸を痛める夫を熱演する。

 

第16話「隠し子」あらすじ

ソヒョン皇后の事件を知るため皇后の友人だったソ・ガンヒを呼んだサニーは、彼女からアリがガンヒとヒョクの子だと聞かされる。ヒョクとユラは太后の不正の証拠を入手するが、サニーとウビンはそれを持ち出して太后に渡す。

 

第17話「容疑者たち」あらすじ

太皇太后が殺されたことで王宮は非常事態に陥り、取り調べの結果、サニーだけでなくヒョクも太后もユラも太皇太后の部屋を訪れていたことが判明。サニーは太皇太后が王室監査院に行くのを阻止したい人間の仕業だと主張する

 

第18話「太皇太后の死因」あらすじ

監査院会議が予定どおり行われると聞いた太后はチェ室長に太皇太后の告発状を奪ってくるよう命令。そんな中、太皇太后の死因が毒物によるものであり、皇后が持っていった弁当から同じ成分の毒物が検出されたことが判明する。

 

第19話「事件の出発点」あらすじ

ウビンがサニーの逃亡を手助けするところを目撃した警護隊長はヒョクにそれを報告し、やがて戻ってきたウビンにどこにいたか問い詰める。皇帝殿から盗聴器を持ち出すことに成功したサニーはベクホに連れられピチ島へ向かう。

 

第20話「皇帝の2つの顔」あらすじ

太皇太后の告発状を奪ったガンヒはそれを太后に渡し、自分とアリを受け入れるよう嘆願。そんな中、サニーが再逮捕されるが太皇太后の側近だったホン室長が自分が犯人だと自首し世論は大混乱。そこへヒョクの暴露記事が出回る。

 

第21話「公主冊封」あらすじ

太后はしぶしぶサニーの皇后復帰を認めるが、皇后殿以外は全て取り上げ衣食も自分でまかなうよう命令。サニーがアリを育てると宣言したことからアリの公主冊封式が行われ、アリの実母のガンヒに太皇太后殿が与えられる。

 

第22話「ヴィンセント・リー」あらすじ

7年前の事件の真相解明を手助けしようと決心したユンはベクホにソヒョン皇后の日記帳を託すことに。その一方、ヘロがヴィンセント・リーを見つけられず会社を辞めると聞いたユンは、自分がヴィンセントだと告白する。

 

第23話「命日の怪事」あらすじ

ウビンの頭に弾丸が残っていると知ったサニーは手術を受けるよう説得。そこへドンシクがユラに連れ去られたと連絡が入り、2人で仁川へ。この日はソヒョン皇后の命日で、ヒョクは池に浮かぶ韓服を見て彼女の死を思い出す。

 

第24話「暴かれるユラの過去」あらすじ

ヒョクがガンヒの部屋で一夜を過ごしたと知ったユラはガンヒの部屋に乗り込むが、太后はガンヒを擁護。ヒョクは匿名で届いた音声ファイルでユラがワンシクと知り合いだったと知り、ウビンにユラとピチ島の関係を調べさせる。

 

第25話「疑惑の遺言状」あらすじ

ウビンとサニーが抱き合っているのを見て以来、ヒョクはサニーのことが気になる。太后は邪魔者が消えた今を好機とみて太皇太后の遺言状を公開。財産はヒョクと太后だけに分配され、サニーにはチョングム島の絵画が譲られる。

 

第26話「日記帳の謎」あらすじ

ベッドに置かれたひき逃げ事故の時の車のエンブレムを見たヒョクは、それ以来、死んだはずのワンシクの影に悩まされる。一方、ソヒョン皇后の日記を眺めていたサニーは、そこに描かれた場所をたどり太后の温室に到着する。

 

第27話「急接近」あらすじ

ユラの証言で一気に太皇太后殺害の有力な容疑者になった太后。ヒョクは韓服を警察に送って捜査させるべきだとサニーの肩を持ち、ヒョクとサニーの仲が急接近する。サニーがユラを呼んだと思った太后はその仕返しを考える。

 

第28話「母の遺体」あらすじ

ワンシクから脅迫の電話を受け、母親の遺体のありかを吐けと迫られるヒョク。ウビンは病院から出すことを条件にユラから聞き出すべきだとヒョクを説得する。こうして遺体のありかを聞き出したウビンはすぐさま駆けつける。

 

第29話「棺に入れたマフラー」あらすじ

母親の遺体を棺に納めたウビンはサニーを墓地に呼び、ヒョクへの復讐を改めて誓う。サニーは寒くないようにと棺に自分のマフラーを納め、泣き崩れるウビンを抱き締めながら、自分が事件に関わったことを思い、胸を痛める。

 

第30話「王室バザー」あらすじ

温室を探っていたサニーはソヒョン皇后の日記帳をかざして秘密の扉を開けることに成功。しかし、サニーの行動を見張っていたガンヒが太后に告げ口し、これ以上サニーを野放しにできないと考えた太后はある計画を実行する。

 

第31話「怒るオ家」あらすじ

隣で眠るウビンを見ながら、サニーはいつも自分を守ってくれるウビンの存在に心から感謝する。ヒョクもサニーが心配でならないが、拒まれるのが怖くて訪ねることができない。そこへグムモとヘロが王宮に乗り込んでくる。

 

第32話「ボタンの落とし物」あらすじ

きつい花の香りの正体を探るべく温室の秘密部屋に入ったウビンとサニーだが、太后に気づかれ窮地に陥る。秘密部屋に警護隊のボタンが落ちているのを見つけた太后は、サニーとウビンが侵入したと考え、ウビンを呼びつける。

 

第33話「陪童式」あらすじ

サニーが気になるヒョクは、今後は太后からサニーを守ると宣言し、サニーもヒョクと仲良くして太后を追い詰めることにする。そんな中、アリ公主と共に学ぶ児童を選ぶ陪童式が行われ、太后の陰謀でアリが倒れてしまう。

 

第34話「ダブルデート」あらすじ

ウビンを買い物に連れ出したソジン公主は王室レストランでヒョクとサニーと鉢合わせし、4人はダブルデートすることになる。その頃、病院からユラが脱走。駆けつけたウビンは防犯カメラに死んだはずのチュ隊長を発見する。

 

第35話「絶縁宣言」あらすじ

小説の内容が問題になる中、ユンが現れて自分こそがヴィンセント・リーだと名乗り、小説は7年前に目撃した実話だと語る。サニーは7年前のことをヒョクに質問。ヒョクは全て太后のせいだと語り、太后との絶縁を決意する。

 

第36話「おとり」あらすじ

ドンシクを王宮に連れてきたユラはドンシクが警護隊長のバッジを持っていることに気づき、ウビンの身辺調査をチュ隊長に命令。ソヒョン皇后の遺体をDNA検査に出していたヒョクは、遺体が人骨でないとの結果に衝撃を受ける。

 

第37話「二重スパイ」あらすじ

ガンヒの部屋で見つけた隠し撮り写真をガンヒに突きつけて真相を問いただしたサニーは、ガンヒが嘘をついていると直感。ガンヒの指示でサニーの行動を逐一ガンヒに報告していた宮人を突き止め、二重スパイになるよう命令する。

 

第38話「仕組まれたスキャンダル」あらすじ

遺言状の書き換えに気づいたサニーをこれ以上のさばらせておけないと考えた太后は、ウビンにサニーと駆け落ちしてスキャンダルを演出するよう指示。その一方でチェ室長にサニーとウビンを一緒に始末するよう命じる。

 

第39話「皇后を守る」あらすじ

ヒョクにサニーへの思いを問われたウビンは正直に告白し、皇后である限りサニーは命を狙われ続けると訴える。ピョンからウビンの余命を聞いたサニーは彼の分も戦い抜くと決意し、太后から王室の人事権と財産管理権を奪う。

 

第40話「皇帝代行」あらすじ

アリの女帝冊立を狙うガンヒはソヒョン皇后をヒョクが殺したという嘘の証言を首相に渡し、邪魔者の皇太弟もうまく処理してもらうことに。そんなガンヒのたくらみを知るサニーはガンヒと首相の不倫現場を押さえ首相を脅す。

 

第41話「7年目の再会」あらすじ

ユラに正体を知られたウビンはユラの命を奪う代わりに、ソヒョン皇后の警護員だったカン・ジュスンの元に連れていく。一方、皇帝の資格を停止されたヒョクはサニーの部屋に入り浸り、太后は2人を引き裂くための策を講じる。

 

第42話「よみがえる記憶」あらすじ

ユラと再会して全てを思い出したジュスンは7年前にユラの前から姿を消した真相を告白する。その頃、ヒョクの前に死んだはずのチュ隊長が現れウビンは偽者だと主張するが、なぜかユラがこれを否定し、チュ隊長を裏切る。

 

第43話「アリの証言」あらすじ

皇太弟が襲われた事件を巡って警察の捜査が始まり、現場の遺留品からヒョクが有力な容疑者に浮上する。サニーはガンヒが怪しいとにらみ、首のひっかき傷がその証拠だと詰め寄るが、アリがガンヒは部屋で寝ていたと証言する。

 

第44話「崩れる信頼」あらすじ

皇后が皇太弟の携帯を見つけたと聞いたガンヒは慌てて奪いに行くが、全てはサニーが仕組んだ罠だった。サニーはガンヒを追い詰めるが、そこへ太后が現れてガンヒを擁護。太后はヒョクにサニーとウビンと皇太弟は仲間だと告げる。

 

第45話「警護隊の造反」あらすじ

ウビンがワンシクだと知ったヒョクは警護員にウビンを殺すよう命じるが、彼らはウビンではなくヒョクに銃を向ける。危機を免れたウビンはヒョクを拉致してサニーを突き落とした崖に行き、乱闘の末、ヒョクが崖から落ちる。

 

第46話「寄付王 ナ・ワンシク」あらすじ

王宮に戻ったヒョクは皇帝と皇太弟を殺そうとした凶悪犯としてナ・ワンシクを公開捜査すると明言。そんな中、困った人にお金を届ける寄付王ナ・ワンシクのニュースが流れ、太后は自分の裏金が寄付に使われていると知る。

 

第47話「ウン皇后の采配」あらすじ

始末したと思っていたウン皇后が王宮に現れ、太后は大いにろうばいする。ウン皇后はアリの法定代理人を決定するための協力者としてナ・ワンシクを紹介し、ソヒョン皇后の事件と皇太弟の事件も調査すると発表する。

 

第48話「かんざしの持ち主」あらすじ

全員が集まる中、ウン皇后はサニーに法定代理人を任せると発表。ウン皇后はサニーに太皇太后からもらったかんざしをプレゼントするが、それを見たサニーは驚く。太皇太后の胸に刺さっていたものと同じだったのだ。

 

第49話「王室のために」あらすじ

太后が麻薬を製造していたことを知ったヒョクとユンは太后にやめるよう訴えるが、太后は王室を維持するためには必要だと開き直る。王室で生まれ育ったヒョクは王室を捨てる覚悟が持てず、それ以上追及することができない。

 

第50話「即位10周年の記念式」あらすじ

王室を潰すというサニーの意思に変わりがないことを悟ったヒョクはサニーを部屋に監禁。こうして即位10周年の記念式が始まるが、そこへ監禁されているはずのサニーが現れ、ヒョクの足跡をまとめた映像を上映する。

 

第51話「決別」あらすじ

即位式の1週間後、記者会見を開いた太后はテロの犯人はワンシクであり麻薬製造はヒョクの単独犯行だと釈明。ヒョクはワンシクが体を張って爆発を止めようとしたこと、そして太后が自分も殺そうとしていたことを知る。

 

第52話(最終話)「皇后の決断」あらすじ

王宮に戻った太后は財産を持って逃げようとするが、時すでに遅く、集まった記者のフラッシュを浴びながら逮捕される。太后の逮捕後、世間では王室廃止論が高まり、ヒョクから全権を委任されたサニーは大きな決断を下す。

 

【皇后の品格】のドラマ視聴方法のまとめ

【皇后の品格】のドラマ視聴方法まとめ
  1. 「TSUTAYA TV」などで配信されているもののレンタル配信なので、無料トライアルを利用しても全話を無料視聴しきれない
  2. 「LaLa TV」でテレビ放送予定(2020年10月時点)
\30日間の無料期間あり/
TSUTAYA TV
【公式サイト】